ホソカワミクロン育毛剤の効果「ナノインパクト」について

ホソカワミクロン育毛剤の効果「ナノインパクト」について

ホソカワミクロン育毛剤の効果「ナノインパクト」について

ホソカワミクロン育毛剤の効果「ナノインパクト」について

ホソカワミクロンは企業名でありナノインパクト』が育毛剤の名称となっています。

 

当初は2006年に発売され、翌年には男性用と女性用、2011年にはナノインパクトテラ、2013年にはナノインパクトプラスと販売されているシリーズです。

 

しかし、商品名として使用されているナノインパクトはその技術力を謳ったものでもあり、いまでこそ成分をナノ化して浸透しやすくしているものも増えていますが、当初はかなり画期的なものでした。

 

ナノ化の技術で頭皮の隅々まで成分が行き届く

 

もともとは経済産業省の国家プロジェクトで、岐阜薬科大学とともに取り組んでいたナノ粒子化技術となっていて、医薬品の成分を体内で効率良く運ぶDDS技術から生み出されたPLGAナノ粒子が、ナノインパクトとなって誕生した経緯を持ちます。
ナノインパクトの特徴は頭皮の隅々まで成分が行き届くということで、その理由はナノ化された成分にあり、PLGAナノカプセルは毛穴の150万分の1サイズとなることで、余すことなく頭皮に浸透させることが可能となっています。

 

1つのカプセルの直径は約160ナノメートル、頭皮の汚れさえすり抜けるというサイズなので、カプセルの状態を維持しながらしっかりと到達させることができるようになっています。

 

毛根に届いたからといってカプセル内の成分はすぐに浸透せず、皮膚内の水分で徐々にカプセルが分解されて、およそ12時間かけて発毛成分が放出されるようになっています。

 

ナノインパクト育毛剤の成分

 

ナノインパクトには39種類もの成分が配合されていますが、発毛に効果が期待できるものは主に、大豆エキス酵母エキスセンブリ抽出液エチニルエストラジオールといったところです。

 

育毛剤として見かけるものもありますが、植物性のエキスがほとんどで、薄毛の治療などで使用されるような強力な成分は配合されていません。

 

その分だけ刺激性は少なく、頭皮が敏感な人でも使用しやすいようになっています。

 

ナノ化技術によって成分を効率良く運ぶことが出来ていますが、強い発毛作用のある成分は少なく、育毛や発毛としては少々物足りないものとなっています。

 

育毛剤を選ぶ前に専門の医療機関に相談しておきましょう

 

薄毛には人それぞれの原因があります

 

なので、

 

一度は、専門の医療機関で「どの育毛剤が自分に合っているのか?」「どんなケアをしたら良いのか?」という相談をしてみると良いでしょう。

 

当サイトはAGAや薄毛の無料カウンセリングをしている病院を紹介するサイトです。

 

>>こちらから各地域の無料カウンセリング実施医院が確認できるので参考にしてみてください。