「はげ」の薬は皮膚科でどんなものを処方して貰える?

「はげ」の薬は皮膚科でどんなものを処方して貰える?

「はげ」の薬は皮膚科でどんなものを処方して貰える?

男性がはげを発症してしまった時、この症状を改善するにあたってはまず、原因を特定して効果的な処置を施すことが何よりも大切です。

 

とりわけAGAという病気はこのところ薄毛を引き起こす原因として大きな注目を集めており、これは医療機関を受診すると治療薬を処方してもらうことが可能です。

 

この時、患者には2つの選択肢が生じます。

 

一つは近所の皮膚科などの個人クリニックを受診すること。

 

そしてもう一つは頭髪専門病院を受診することです。

 

いずれにおいても薄毛治療を行ってくれるわけですが、しかし注意すべきこともあります。
例えば皮膚科クリニックを受診した際には、AGAかどうかを見極めるための検査などは機材の関係上、一切行わず治療薬として処方されるのも錠剤のプロペシアのみとなります。

 

プロペシアについて

 

このプロペシアとは頭皮付近にある特殊な酵素の働きを抑えることができ、これらと男性ホルモンが反応して頭髪の成長サイクルを乱す物質が生成されるのを抑制する効能を持っています。

 

このようにして頭髪の成長サイクルを元どおりにすることで失われた頭髪を取り戻すことが可能となるのです。

 

ただし皮膚科ではこれ以上の専門的な処方や治療を行うことはできないため、もしもこの結果に満足できない場合には他の手法やクリニックを探す必要が出てきます。

 

髪の毛を増やしたい場合は頭髪専門病院へ

 

頭髪専門病院は髪の毛を増やそうと思ったら、頭髪専門の医療機関に通うことが望ましいと言えます。

 

頭髪専門病院の方が安心な点としては、プロペシア以外にも薄毛治療の特効薬を処方してもらえる点が挙げられます。

 

例えば薄毛治療で名の知られた特効薬の一つにミノキシジルという液体の塗り薬タイプのものがありますが、これを用いると頭皮の毛細血管が拡張され、栄養分を豊富に搭載した血流が過不足なく頭髪へ補充されるようになります。

 

このようにして毛乳頭の働きを活性化させ、細胞分裂の頻度を上昇させることで、
体毛レベルまでに細くなった髪の毛に「頭髪らしい太さ」を取り戻します。