「はげ」を防止する食べ物についてまとめ 動物性?植物性?

「はげ」を防止する食べ物についてまとめ 動物性?植物性?

はげ(薄毛)を防止するための食べ物についてまとめ

食べ物

 

はげ(薄毛)の防止には『食べ物』つまり食生活を見直していくことも重要です。

 

育毛剤を塗ったり、規則正しい生活をしたり、シャンプーを自分に合ったものにしたりというものが

 

はげ(薄毛)防止の基本ですが、それだけでは抜け毛や薄毛を防ぐことはできません。

 

食べ物を見直すことで得られる効果は主に2つあります。

 

  • 髪の毛のもとになる栄養の補給
  • 健康になることで髪の毛を作りやすい状態が整う

 

 

動物性たんぱく質と植物性のたんぱく質

 

髪の毛のもとになる栄養素はたんぱく質です。

 

良質のたんぱく質を毎日取らないと、薄毛や抜け毛を防ぐことはできません。

 

たんぱく質には2つの種類があります。

 

動物性のたんぱく質と植物性のたんぱく質です。

 

動物性たんぱく質の代表例は肉類で、植物性たんぱく質の代表例は納豆・豆腐などの大豆製品です。

 

動物性たんぱく質のメリットとデメリット

 

動物性のたんぱく質が摂取できる肉には亜鉛も含まれており、髪の毛の栄養源としては優れているのですが、コレステロールが多く含まれていると言う難点があります。

 

体内にコレステロールが増えると、血行が悪くなって髪に悪い影響を及ぼしてしまいます。

 

なので、できるだけ植物性のたんぱく質を取った方が良いでしょう。

 

植物性たんぱく質を取るなら納豆がオススメ

 

植物性のたんぱく質を取る食品として一番お勧めなのは、納豆です。

 

納豆の中には良質な植物性のたんぱく質が含まれています。

 

さらに納豆には髪の健康に役立つ亜鉛が含まれています。

 

亜鉛は食べ物で取ったたんぱく質の吸収を、促進する働きがあります。

 

だからいくらタンパク質を取っても、亜鉛が不足していたら、髪の毛は生えてきません。

 

亜鉛は育毛のためにどうしても必要な栄養素です。

 

納豆はタンパク質と亜鉛という髪が生えるのに必要な二つの栄養素を、同時に取ることができる優れた食品です。

 

納豆が苦手な方は

 

納豆が苦手な方は、豆乳を飲んだり、日ごろの間食に「きな粉」をまぶすなどして、

 

大豆製品を食生活に取り入れてみましょう。

 

 

体内の血行促進が育毛に繋がる

 

髪の健康で大切なことは、体内の血行です。

 

薄毛の人は体内の血行が悪くなっています。

 

特に頭皮の血行が悪化していて、それが薄毛や抜け毛の原因になります。

 

頭皮の血行が悪いと、髪の毛の成長に必要な栄養素が髪の根元に届かなくなります。

 

ビタミンEで血行促進

 

頭皮の血行は育毛剤でも改善できます。

 

育毛剤の中には頭皮の血行を良くする成分が多く含まれています。

 

ただし、それだけでは不自由分なので、食べ物を使って改善します。

 

ビタミンEは血行を良くする栄養素です。

 

特に毛細血管の血行を良くするので、細い頭皮の血管の血行を改善するのに役立ちます。

 

ビタミンEはアーモンドやオリーブオイルに多く含まれています。

 

そのほかビタミンEが多く含まれる食材

 

  • モロヘイヤ
  • うなぎの蒲焼
  • あんこうの肝
  • 赤ピーマン
  • しそ
  • うに
  • 煎茶の茶葉 など