プロペシアで抜け毛が止まらないことはある?ケース別に解説

プロペシアで抜け毛が止まらないことはある?ケース別に解説

プロペシアで抜け毛が止まらないことはある?ケース別に解説

抜け毛 男性

 

薄毛は大人の男性の多くが悩まされている問題で、これまでにその対応策となる商品やサービスが数多く発表されてきています。

 

それらの中でもAGAによる薄毛に対して、有効とされているののがプロペシアです。

 

プロペシアは男性の薄毛の原因の中で特に多い、AGAを引き起こす体内の物質(5aリダクターゼ)に働きかけて抜け毛を止める効果があるとして、男性の薄毛治療に使用されています。

 

ただ、このプロペシアを実際に使用した人の中には、その効果が見られなかったという人がいるのも事実です。

 

ではプロペシアの服用で抜け毛が止まらないのはどういうケースなのか?

 

今回の記事で迫ってみたいと思います。

 

AGA以外の原因の抜け毛にはプロペシアは有効ではありません。

 

プロペシアを使用しても抜け毛が止まらないケースとしては、AGA以外の原因で抜け毛が生じているというものが考えられます。

 

例えばストレスなどの精神的な要因だったり、喫煙や過度の飲酒、睡眠不足などの生活習慣上の問題が原因で起こる抜け毛の場合、

 

プロペシアで改善することはありません。

 

なので、『抜け毛=AGA』という訳では無く、まずは抜け毛の原因は何なのかを把握しておく必要があります。

 

そのうえで、その原因に対して適切な治療を行うことが重要です。

 

2種類あるAGAのうち、プロペシアで対処できるのは1つだけです。

 

プロペシアで抜け毛の進行が止まらない場合、その人のAGAのタイプにプロペシアがマッチしていない可能性が考えられます。

 

プロペシアは5aリダクターゼの働きを抑えてAGAの進行を遅らせてくれる

 

AGAの仕組み

 

5aリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンを、抜け毛の原因になるジヒドロテストステロンに変えてしまいます。

 

そして、AGAによる抜け毛を防止するためには、この5aリダクターゼの生成を抑えることが効果的なのですが、その種類には5aリダクターゼ T型5aリダクターゼ U型</span>があるのです。

 

プロペシアがガードできるのはU型の5aリダクターゼのみ

 

プロペシアが効果を発揮するのは5aリダクターゼ U型のみです。

 

プロペシアは、U型の5aリダクターゼが原因で抜け毛が生じている場合には、効果を発揮してくれますが、

 

T型の5aリダクターゼ が原因となっている人には、残念ながら効果が期待できません。

 

T型にはザガーロが有効です。

 

ザガーロかプロペシアか

 

T型の5aリダクターゼが強い体質であったとしても治療が出来ないということではありません。

 

デュタステリドという成分が含まれた、『ザガーロ』という薬が、AGA治療を行っているクリニックでは処方されています。

 

このザガーロであれば、T型、U型の両方の5aリダクターゼの働きを阻害することが出来ます。

 

しかし、ザガーロはプロペシアの相場が8000円であるのに対して、10000円ほどの相場になっており費用が少し高いです。

 

また、副作用もプロペシアより強いため、かかりつけ医師にじっくり相談したうえで処方してもらうようにして下さい。

 

プロペシアとザガーロのどちらが有効か調べられるのか?

 

『AGAリスク遺伝子検査』という検査を受けると、その人の体内に存在する5aリダクターゼという酵素の種類を知ることができます。

 

『AGAリスク遺伝子検査』は、ヘアメディカルグループのクリニックで受けることができます。

 

ヘアメディカルの紹介

 

ヘアメディカルグループは、東京(千代田区)、大阪府(梅田)、名古屋、福岡県(福岡市天神)にそれぞれクリニックがあります。

 

プロペシア・ザガーロのどちらが有効かを調べる検査を、日本で唯一行えるクリニックとなっております。

 

『AGAリスク遺伝子検査』の費用:19,000円(税別)

 

こちらでは無料カウンセリングも受け付けているため、気になる方はまずは相談してみると良いでしょう。

 

⇒ヘアメディカル無料カウンセリングの流れや恥ずかしくない仕組み

 

まとめ

 

AGA以外の原因で抜け毛が発症している場合にはプロペシアを服用しても回復は期待できない

 

AGAが原因で抜け毛が発症していたとしても、5aリダクターゼT型が強い体質である場合、プロペシアによる回復は期待できない