女性で後頭部が『はげ』状態に!その原因や対処方法

女性で後頭部が『はげ』状態に!その原因や対処方法

女性で後頭部が『はげ』状態に!その原因や対処方法

円形脱毛症

 

女性の薄毛の症状としては、頭部全体が薄くなる「びまん性脱毛」が良く見られる症状です。

 

後頭部が『はげ』になるという症例は薄毛患者全体の中でも少数です。

 

男性ホルモンが関わる症状の可能性は低い

 

女性でも、薄毛の原因の一つとして男性ホルモンの影響がありますが、後頭部は男性ホルモンの影響を受けにくいため、はげにくいと考えられいます。

 

後頭部の『はげ』の原因は?

 

女性の場合に、後頭部がはげてしまう場合には、外的要因を考えてみるといいでしょう。

 

パーマ・カラーリングの頻度が多い

 

女性の場合には、男性と比べて髪形などをこだわり、パーマをかけたりカラーリングをすることもあります。

 

そのため毛根や頭皮に負担がかかりやすいことが原因になることがあります。

 

この状態を改善していくためには、髪形をこだわりたい場合でも、できるだけ頭皮や毛根などに負担をかけないように心がけることが大切です。

 

同じ髪型が続くことで起こる牽引性の脱毛

 

女性の場合には、髪の毛を伸ばす傾向もあるため、ヘアゴムなどで髪の毛をたばねることもあるでしょう。これも毛根に負担をかけることがあります。

 

同じ髪型を続け、尚且つ同じ方向に強く髪が引っ張られている状態が続くと、髪の毛が抜けやすい原因になります。

 

あまりきつく束ねたりしないようにするか、別な方法で髪の毛をまとめるなど自身で工夫をすることも大切です。

 

 

血流の悪化

 

その他に考えられるのは、血流の悪化です。

 

生活習慣が乱れていると血液の流れが悪化してしまい、血行不良を起こしてしまうことがあります。血液によって頭皮に栄養を送るため、血行不良になると頭皮への栄養が不足しがちです。

 

特に後頭部の場合には、血流が悪いとしっかりとすみずみまで栄養が行き渡らないことも考えられます。そのため、後頭部が薄毛になることも可能性としてはありますし、症例もあります。

 

また血流を改善していくために、適度に運動をする習慣をつけることも大切です。 代謝機能を向上させ、血流を改善していきましょう。

 

ストレス性の円形脱毛症

 

過度なストレスや自分でも自覚していない精神的な負担から、円形脱毛症が発症してしまうことがあります。

 

引っ越したり、職場が変わったりと、身の回りの環境が変わった際にも発症しやすい症状です。

 

まとめ

 

後頭部の脱毛症は極めて稀な症状です。

 

最も可能性が高いのはストレスによる円形脱毛症です。

 

自分で、円形脱毛症に繋がるようなストレスに身に覚えがあるのであれば、精神科を受診してみるのも良いでしょう。

 

また、頭髪の悩みについては、頭髪専門のクリニックの無料カウンセリングを受けてみることも有効です。

 

>>ヘアメディカルグループについては、医師が全員精神科医でもあるので、今回のケースにも対応できる可能性が高いです。

 

 

今回の記事を参考に、何が原因で脱毛になったのかを探ってみてください。