プロペシアが効かないのはどんなタイプのAGA?

プロペシアが効かないのはどんなタイプのAGA?

プロペシアが効かないのはどんなタイプのAGA?

プロペシアが効かないのはどんなタイプのAGA?

 

AGAを改善する為にはまず5aリダクターゼを抑制することが大切と言われています。

 

これは5aリダクターゼが根本的な原因になるからですが、ただ単体で存在する分には全く問題はありません。

 

酵素ですのでむしろ人体にとって必要な存在でもあるのです。

 

しかしながら5aリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結合をすると厄介な存在になってしまいます。

 

両者が結合をすることによってジヒドロテストステロン、通称DHTという物質に変換されるのですが、DHTが増加すると脱毛が促進されてしまうのです。

 

そしてDHTこそがAGAの正体であり、強力に脱毛を促進させられてしまいます。

 

多くの場合のAGAはプロペシアによって抑制可能

 

AGAが発症した場合でもプロペシアを服用することによって脱毛の抑制や薄毛の改善ができる可能性があります。

 

プロペシアには5aリダクターゼを抑制する力がありますので、DHTの量を増加させないようにすることができ、毛根の成長サイクルも正常化することができるのです。

 

高い効果がある薬ですから病院での治療でもよく利用されて、AGAから回復する為の有効な手立てとされています。

 

ところがプロペシアでは回復ができないケースもあるのです。

 

プロペシアが聞かないタイプのAGA

 

そのケースとしては5aリダクターゼのI型によって薄毛になっている場合です。

 

AGAは5aリダクターゼが原因になるのですが、この酵素にはI型U型が存在しています。

 

そしてプロペシアで抑制できるのはU型の場合のみとなっています。つまりI型が原因になっている場合ですとプロペシアでは抑制することができません。

 

ですから服用を続けていても効果が見られないことがあるのです。

 

では、I型が原因の場合は改善ができないのかと言うとそうでもありません。

 

5aリダクターゼを抑制する薬としては他にもデュタステリドと呼ばれるものもあるのですが、こちらの方ですとI型もU型も抑制することが可能です。

 

ですからプロペシアでは効果がなかった時にはデュタステリドの利用を検討してみるのも良いでしょう。

 

デュタステリド内服薬 ザガーロについて

 

デュタステリドが含まれた内服薬にはザガーロというものがあります。

 

近年、日本でも取り扱いが出来るようになり、ヘアメディカルグループのクリニックにて2016年6月から処方が行われています。

 

ザガーロは30錠(1ヶ月分)9500円となっており、30錠(1ヵ月分)6500円のプロペシアに比べて費用は割高となっています。

 

興味のある方は、ヘアメディカルグループで無料カウンセリングを受信されてみると良いでしょう。

 

ヘアメディカルは東京都内・名古屋・大阪梅田・福岡に医院があります。

 

ただし、東京都内の場合は、新規の希望が殺到していて受け付けられない可能性が高いです。

 

あらかじめご了承ください。