後頭部の『はげ』の原因は男性ホルモン?

後頭部の『はげ』の原因は男性ホルモン?

後頭部の『はげ』の原因は男性ホルモン?

 

薄毛になる原因はさまざまです。

 

老化による抜け毛増加、生活習慣の乱れによる自律神経やホルモンバランスの乱れによるもの、食生活の偏り、喫煙、ストレスなども薄毛の原因になると考えられています。

 

また、たいていの場合は前頭部頭頂部などから薄毛になることが多いとわれています。

 

頭頂部のAGA

 

※AGA=男性ホルモン型の脱毛症

 

後頭部から薄毛にはなりにくいといわれていますが、後頭部からでも薄毛が進行してくることがあります。

 

原因の一つとして男性ホルモンの影響も考えられます。

 

生活習慣が乱れてしまうことで、ホルモンバランスが崩れてしまい、男性ホルモンの分泌が過剰になってしまうと、皮脂の分泌量が増えてしまいます。

 

皮脂は、肌を保護するための役割もありますが、あまり多く分泌されてしまうと、毛穴を皮脂が詰まらせてしまうこともあり、これが抜け毛増加の原因になることもあります。

 

そのため、後頭部のはげの原因にもなりますが、後頭部だけでなく、これは頭部全体に対しても原因の一つとして考えられています。

 

改善するためには、ホルモンバランスを安定させるために、生活習慣を規則正しくするように心がけることや、ストレスの改善をすることが重要です。

 

抜け毛の原因は人それぞれ、複雑に重なりあっている

 

また、抜け毛の場合には、その他の原因と重なりあうことでも薄毛が進行することが考えられるため、

 

健康的な生活が送れるように生活習慣や食生活全般を一度見直して、悪い習慣などは改善していくことが大切です。

 

睡眠をしっかりと取れるように規則正しい生活を心がけ、適度に運動やスポーツをして汗を流し、代謝機能を向上させ血流の改善をするのもいいでしょう。

 

また、偏食をして、栄養の偏りがでてしまうと、これも頭皮や髪の毛に対して悪影響になるため、栄養バランスのとれた食生活をすることも重要なことです。

 

ストレスを発散できるように、休日はリラックスして過ごせる環境や、遊びやスポーツ、ショッピングなど趣味や遊びで日頃のストレスを適度に発散することも薄毛対策や予防につながります。